エリアシ

マーケティング テクノロジー

変える時期の見極めが大事!コーポレートサイトリニューアルのベストタイミング。

~Web担当者のすゝめ~ VOL.3

いつ頃がベスト?
コーポレートサイトのリニューアルのタイミング

コーポレートサイト、会社の顔としてインターネットで公開するものだから、カッコいいものにしたいですよね。でも、なかなか情報の更新に手を付けられず古い雰囲気が漂っている…そんなサイトも多いのではないでしょうか。今回は、手直しをするかどうか迷っている方に知っておいて欲しい「サイトリニューアルタイミングの測り方」をお伝えします。

hour glass

「思い立ったら」では間に合わない

コーポレートサイトをリニューアルしたいと考えている方の大半は、サイトに載っている情報が古いことを気にしていることが多いようです。会社の役員が変わったり、店舗が増えたり、サービス内容が変わったりするタイミングでコーポレートサイトのことをふと思い出してご依頼をされます。ですが、このパターンでは、他の業務でも忙しく、依頼したはいいけれど、あまりコーポレートサイトに時間を割けないという事態に陥りがちです。

単純な情報改定だけなら良いのですが、デザイン含め、ターゲットの選定からやり直そうなどと思った場合には、打ち合わせや修正にそれなりのまとまった時間を必要とします。「忙しくて結局最終チェックも満足にできないまま公開!」となってしまわないように、それなりのボリュームがある作業だと考えてスケジュールを組むことをおすすめします。

具体的には週に3〜5時間はリニューアル準備に時間を割けるようにしましょう。慣れない方がWebサイトを確認するとなると、最初のうちはなかなか話が進まないですし、意外なところを見落としてミスを誘発することも。。。公開してからびっくり驚いたりしないように、公開時期から逆算して、余裕を持って取り組みましょう。

time

忙しい時期は避ける

先ほどは週に3〜5時間は時間が取れるように、とお話ししましたが、Webサイトリニューアルに取り掛かることを避けたほうが良い時期があります。それは、年末や年度末などの時期的に忙しい期間と、Webサイトリニューアルを依頼する側の企業が業界的に忙しい時期です。

理由としては先ほどと同じですが、やはり十分にコーポレートサイトに手をかけることができなくなってしまうからです。一般的な企業にとっては忙しい時期でも、Webサイトをリニューアルしようとしている企業からすると忙しくない時期の場合もあります。しかしながら、やはり年末や年度末は取引先などの周りがバタバタしているので、思ったようにスケジュールが回らないことがあります。

もしもこのタイミングでリニューアルをしたい場合は、イレギュラーな事案にも対処できるように担当者を複数人用意した方がよいでしょう。

Laptop keyboard with typographic BUDGET button

スケジュールオーバーで追加料金?

通常WEBサイトを作る時は、必ず公開時期を最初に決めます。実はここが肝になっていて、時間をかけ過ぎると最悪の場合、追加料金の支払いが必要になりかねません。WEB制作の原価は、人の稼働時間にかかっています。つまり、時間をかければかけるほど、制作会社にお願いをする事項が増えれば増えるほど、制作費は膨れていきます。

もちろん、もともと急がず作っていく予定だったというのであればよいのですが、往々にして時間をかけ過ぎたWebサイトはどんどん改修欲が失われていき、結局中途半端な仕上がりになってしまいます。事前に関係者ですりあわせをして決めた期間で、予定通りに打ち合わせを進めていくのがベストです。任せっきりにならないためにも、スケジュールは気にしましょう!

Achievement Accomplishment Success Goal Concept

今後、大きな手直しが必要ないWebサイトにしておく

コーポレートサイトをリニューアルすれば、サイトは最新状態へアップデートされます。ここでほっとして、サイトを放置することのないよう、今後どのような手のかけ方をするのかも事前に考えておきましょう。簡単なのはWEB制作会社に月額で管理を頼むことです。そうすると、契約内容にもよりますが、変更や修正が起きた時にスピーディーに対応していくことができます。もちろん、制作会社と定期的に情報をやり取りする人が必要になりますが、情報伝達と手直しの時間を考慮して事前にスケジューリングすれば、うまく進められるでしょう。会社にWeb更新の担当者を置くことも、ひとつの手です。Webに少し詳しい人がいるならば、こちらのほうが低コストでスピーディーに更新が可能です。

まとめ

コーポレートサイトを作りっぱなしにすると、見た人が見苦しいと感じてしまうことが多々あります。古い情報のままでいると、会社にとってもよくありません。また、最近はスマホやパソコンやブラウザの画期的な進化により、古いツールが淘汰されて、古いサイトが「見られない」なんてこともありえます。サイトのリニューアルを行うポイントは、とにかくスムーズなスケジュールで動かせるかどうかです。手遅れになる前に、十分に余裕を持って取り組めるよう、早いうちから誰と何をいつまでにしなければいけないか等の計画を立てておくことをおすすめします。

PROFILE

エリアシ編集部

株式会社電通西日本

エリアシ編集部です。地域のマーケターのみなさんに必要として貰えるコンテンツを目指して、エリアシを運営中。お役立ち情報を発信していきたいと思います。

※このコラムは執筆者の個人的見解であり、株式会社電通西日本の公式見解を示すものではありません。
※このサイトに記載されている社名・商品名・サービス名等は、それぞれの各社商標または登録商標です。

[ 関連記事 ]

list_thumbs_image1

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報【2018年8月】「エリアシ編集部」では、優れたテクノロジーや魅力的なサービス等、ビジネス(広告・マーケティング)の知見を読者の方々に提供すべく、みなさまの目となり耳となり足となって、日頃より実践的な情報をお伝えしています。

インバウンドマーケティング導入ガイド入門編Vol.3 入門書 通信販売事業の成功に向けて ダウンロードはこちらから エリアシ編集部のクチコミ

月刊

電通西日本のメールマガジン
セミナー情報や広告トレンドを配信!!メールサンプル

INTERVIEW