エリアシ

「ポストコロナを考える」マーケティング会議 第1回


今回から電通西日本の「エリアシ」とジェネシス「マーケの強化書」で共同連載をおこなうことになりました。よろしくお願いします。

ポストコロナに向けて、クライアント企業はどんな考えを持ち、準備をしていくかの連載となります。

image02

第1回
すべてのことが当たり前で無くなった今。不確実な時代に合わせた「実践的提案」をクライアント企業へ届けることが私たちの使命。

キャスト紹介
沼澤
コロナ禍において、多くのクライアント企業は、営業・生産活動において多大な影響を受けていますが、はじめに、コロナ以前からの動きとして、電通西日本が地域に根ざした実践対応力を高めようとしているいくつかの取り組みについてお話しします。
宇治田
コロナの影響を受ける前から、すでにクライアント企業の課題が変化してきています。我々を取り巻くビジネス環境について大きく見ていくと

  • 商品が溢れていることで、コモディティー化が進む
  • 大量生産や大量消費、大量廃棄から循環型エコノミーへの転換
  • 生産年齢人口の継続的減少
と社会的な課題への対応が求められています
沼澤
電通西日本という会社に期待されることが変わってきたように思います。広告会社としての存在というよりは、ビジネスを拡張させるためのパートナー。ビジネスの成果そのものに対するコミットメントを強く求められるようになってきました。
宇治田
私たちの提供すべき価値も大きく変わりつつあります。従来は、効果的な広告をおこなうことで、製品を市場に投入したときの製品価値を最大化する。つまり、ワンタイムバリューを高める手法でした。

今後は顧客に対する継続的な価値を最大化するライフタイムバリューを高める手法がより必要となります。顧客の獲得・維持・再購入と長いプロセスを通じた支援活動ですね。

ビジネスそのものへの強いコミットメントには、ライフタイムバリュー型の価値提供が必要となっている実情に寄るものだと感じています。

image01-1

杉田
プロダクトアウトから、市場を重視したマーケットイン、顧客を重視したカスタマーインということですね。

クライアント企業のデジタル化の対応や、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みなども課題にあがりますか?
宇治田
もちろん大切な提案になってきていますが、まだまだ、デジタル化、DX化への取り組み姿勢には大きく濃淡があるのが実情だと思います。

ライフタイムバリュー型での取り組みは、企業のマーケティング視点をマーケティングプロセス型に変更していく必要があります。その上でのデジタル化であり、DXへの取り組みと言えますので、簡単ではないですね。クライアント企業がどう取り組んでいくべきかの道案内が必要なのだと思います。
沼澤
そうですね。その道案内ができるように社内組織、特にコミュニケーションプランニングセンターでは改革改編を、人の異動・採用含め、常におこなっています。道案内に必要な手法やスキルセットも大きく変わってきましたので。
杉田
社内の組織改革は常におこなっているのでしょうか。
沼澤
支社が担当する各地域や社内外の状況を見て、組織を改めることで、提案力が大きく変わっていくのだと感じています。この4月から、ビジネスに強くコミットできる体制を目指して、コミュニケーションプランニングセンターを4つの機能に再編しました。

  • データドリブンマーケティング部
  • デジタルビジネス部
  • メディアビジネス部
  • プランニングビジネス部
これら4つのセクションは、それぞれの専門性を高めながら、横で連携し各支社でクライアント企業の新しい課題に対応していくことを目指しています。そのためにDWJの組織能力の抜本的進化と強化を常に考えています。これはポストコロナでさらに加速するでしょう。

image03-1

宇治田
電通グループ全体では、今年の1月から持ち株会社制に移行しています。電通グループには、126社の専門性の高い会社が並んでいます。これこそまさに、電通グループの強みであり、電通西日本としても、各社と積極的に連携が強化され、懐深く、幅広く、地域に貢献できる活動をおこなっていきたい、いかなければいけないと強く感じています。
沼澤
パートナー戦略も変わってきてきました。
クライアント企業が成果を上げるまでのスピードの要求がどんどん早くなってきていることも大きな要因です。

専門的で、経験のあるパートナーとの協業がもっともっと必要です。外部の実績ある実践的パートナーと協業して、スピードも、専門性も高めることを実現していきます。ジェネシスさんには、デジタル領域における広範囲な協業で期待しています。
杉田
実践力を期待されているとこは重々承知しています。特に、クライアント企業のビジネスプロセスをいかに効果的にイノベーションできるか。収益とコストの関係を理解しながら提案することが、ビジネスパートナーとしての存在感となると思います。
沼澤
組織も常に変わりますが、協業パートナーも常に新しい能力のあるパートナーを探し続けなくてはなりません。今のスタッフは常に情報を仕入れ、自らが最前線にたつべく、勉強しなくちゃならないので大変ですね(笑)。
宇治田
実践的提案を届けられるように、自社組織、グループ連携、パートナー戦略と同時に変革しました。電通西日本の新しい価値提案に期待していただきたいです。

第2回は、6月10日!マーケの強化書に掲載予定。ご期待ください!!
https://genesiscom.jp/

PROFILE

株式会社ジェネシスコミュニケーション

\読めばマーケに強くなる!/
マーケの強化書: http://genesiscom.jp/ (インバウンドマーケティングサイト)
ジェネシスコミュニケーションWEBサイト: http://genesiscom.jp/corporate/

※このコラムは執筆者の個人的見解であり、株式会社電通西日本の公式見解を示すものではありません。
※このサイトに記載されている社名・商品名・サービス名等は、それぞれの各社商標または登録商標です。

[ 関連記事 ]

インバウンドマーケティング導入ガイド入門編Vol.1

月刊

電通西日本のメールマガジン
セミナー情報や広告トレンドを配信!!メールサンプル

INTERVIEW

記事内容や電通西日本の事業内容にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ