AREASHI ビジネス情報(エリアシ)

コラム

1997年生まれ23歳のミーハー女子が、本気で見たいと思うテレビ番組を考えてみた。


皆さま、こんにちは!
電通西日本新入社員の柴田です。

今回は、アイドル・お笑い・俳優が大好きな、1997年生まれ23歳ミーハー女子の私が、本気で見たいと思うテレビ番組を考えてみました。
あくまで“私が見たい”ものですので、意見や考えに多少の偏りがあるかと思いますがご容赦くださいませ。

1.私のテレビ事情

幼少期から現在までの私のテレビ事情を簡単にご説明いたします。

1.1気付いたらテレビの前に座っていた幼少期

image01

両親がテレビ好きということもあり、わが家では常にテレビがついていました。
私も物心ついた時には、テレビの前に座って見ることが当たり前になっており、よく芸能人の真似をしていたそうです。

1.2アイドルにはまる小・中学生時代

image02

学校や習い事から帰ってきてからお風呂に入るまでの時間(19時~22時)が、私のテレビタイムでした。
母の影響で、ジャニーズアイドルが出ているドラマ、バラエティー、歌番組をよく見ており、この頃から私自身もジャニーズを中心としたアイドル全般が好きという意思を持ち始め、ミーハー女子への道が加速していきました。

1.3自分の部屋にテレビが置かれた高校・大学生時代

自分の部屋にテレビが置かれたことで、今までのように家族で一つのテレビチャンネル権を奪い合うことはなくなり、自分の好きな番組だけを見るようになりました。
前述したように、母の影響でアイドルが出ている番組を中心に見ていましたが、
大学生になるとバイトなどで帰る時間が遅くなり、リアルタイムでの視聴が難しくなりました。
家に帰ってから巻き戻し視聴(HDDレコーダーに内蔵された、録画していなくても2時間前までは巻き戻しできるタイムシフト機能)を使い、巻き戻せる範囲でその日のテレビ番組を見ていました。

1.4休日にたまった録画番組を一気見する社会人

image03

仕事から家に帰ると、手洗い、うがいのようにテレビをつける事が毎日のルーティンになっています。
私は社会人になって初めて一人暮らしを始めたため、まだ家の静けさが落ち着かず、とりあえずテレビをつけて寂しさを紛らわしています。
テレビをつけてもずっと見ているのではなく、ご飯を食べながら、洗濯物を畳みながら、スマホを触りながらなど、何かをしながらテレビを見ることが多いです。
それでも平日はテレビを見る時間が激減し、休日にたまった録画番組を一気に見るようになりました。

2.社会人になった現在の私がテレビに求めているもの

社会人になりテレビを見る時間は減りましたが、ミーハー女子のテレビ好きは変わりません。
現在の私がテレビに何を求めているのかをお伝えします。

◆求めているもの

それは“音”です。
番組の内容以前に、家に一人でいるときの寂しさを紛らわす音が必要です。

◆好きな番組

音を求める私の好きなテレビ番組は「音のソノリティ」です。
癒やし効果のある音を抽出し、情報はテロップで補足する新感覚の番組で、なんとなくテレビを流しているだけでも、自然と耳が反応してついつい見てしまいます。

◆好きな理由

①余分な音が無い

人の話し声やBGMなどはなく、自然の音だけを聞くことができるので、
非常に癒やし効果が高いです。

②全国各地の情報を知ることができる

テロップに映像に関する補足情報が表示されるため、全国各地の祭りや自然などのコアな情報を得る事ができます。

③3分という短さ

短い動画、スキップ機能があるYouTubeをよく見るようになったこともあり、長い時間ぶっ通しでテレビを見ることが少なくなった私には音のソノリティという3分の放送時間は丁度良い長さです。
短い時間で端的に音と情報と癒やしを得ることができるので、YouTube慣れした人でも非常に見やすい番組です。

◆背景

私の地元では、土曜21時からの「嵐にしやがれ」を見ようと早めにテレビをつけると、
直前の番組で「音のソノリティ」を放送しており、必然的に見る機会が多くなりました。
見ているうちに、音だけがテレビから流れてくることが新鮮で注目するようになりました。豆知識情報がテロップで表示されるので、毎週見るのが楽しみになっていったのが好きになった理由です。

3.実際に番組を考えてみた

ここまでの情報を踏まえ、実際に私が見たいと思うテレビ番組を考えてみました!

タイトル:
「47人の日常」
曜日:
金曜
時間:
22:00~ (5分間)
内容:
47都道府県、全国各地のインフルエンサーが地元のおすすめスポットで楽しんでいる様子を見る番組です。
朝起きるところから家に帰る瞬間まで、一日中その人の行動を観察します。
どういう準備をして、どんな場所に行き、何を食べるのか
他人のプライベートをのぞき見しつつ全国の名所を知ることができる番組です。

この番組のポイントは3つあります。

①人の私生活をのぞき見

YouTubeでもルーティン系の動画が流行っているように、人の私生活をのぞき見したいと思っている人は少なくありません。
47都道府県のインフルエンサーの日常をのぞき見することで、地域による生活の違いやインフルエンサーならではのおしゃれな日常を垣間見ることができます。
YouTubeでも多くの芸能人がモーニングルーティン動画をあげています。

image04

②シンプルな音だけ

ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)という、聞き心地の良い音を流す動画が普及したように、癒やし効果のある音が好まれています。
BGMなどは入れず、環境音・自然音を生かした番組にすることで、耳から癒やしを取り入れることができます。

③47都道府県のおすすめスポットを知ることができる

コロナの影響で気軽に旅行することが難しくなった昨今、テレビで全国のおすすめスポットを知ることができれば少しでも楽しい気持ちになれると思います。
近畿日本ツーリストのスタッフブログでも、「新型コロナウイルス終息後やりたいこと」というアンケートで国内旅行が上位を占めています。
https://www.kntcs.co.jp/brog-domestic-aftr-c/

いかがでしょうか?
以上が私の見たいと思うテレビ番組です。
インフルエンサーのプライベートのぞき見、情報をコンパクトにまとめ、YouTubeのようにスピード感のある動画、
コロナ禍で行きたくてもいけない旅行、耳からの癒やし効果、これらの願望を満たしてくれるテレビ番組を考えてみました。
いつか自分の考えた番組制作という夢を実現できるよう、
新たなテレビの可能性をみつけていけたらと思います。

PROFILE

エリアシ編集部

株式会社電通西日本

エリアシ編集部です。地域のマーケターのみなさんに必要として貰えるコンテンツを目指して、エリアシを運営中。お役立ち情報を発信していきたいと思います。

※このコラムは執筆者の個人的見解であり、株式会社電通西日本の公式見解を示すものではありません。
※このサイトに記載されている社名・商品名・サービス名等は、それぞれの各社商標または登録商標です。

[ 関連記事 ]

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報【2021年8月】

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報【2021年8月】「エリアシ編集部」では、優れたテクノロジーや魅力的なサービス等、ビジネス(広告・マーケティング)の知見を読者の方々に提供すべく、みなさまの目となり耳となり足となって、日頃より実践的な情報をお伝えしています。

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報【2021年7月】

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報【2021年7月】「エリアシ編集部」では、優れたテクノロジーや魅力的なサービス等、ビジネス(広告・マーケティング)の知見を読者の方々に提供すべく、みなさまの目となり耳となり足となって、日頃より実践的な情報をお伝えしています。

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報【2021年6月】

広告・マーケ担当者は押さえておきたい 展示会・イベント情報【2021年6月】「エリアシ編集部」では、優れたテクノロジーや魅力的なサービス等、ビジネス(広告・マーケティング)の知見を読者の方々に提供すべく、みなさまの目となり耳となり足となって、日頃より実践的な情報をお伝えしています。

インバウンドマーケティング導入ガイド入門編Vol.1

記事内容や電通西日本の事業内容にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

PAGE TOP