NEWS ニュース

地元活性化を目指す産学連携ソーシャルプロジェクト「Social Design HOKURIKU」始動!

logo

国立大学法人金沢大学(学長 山崎光悦)、石川テレビ放送株式会社(代表取締役社長 林寛子)、株式会社電通西日本(代表取締役 大畠康平)の3団体は共同で、これからの未来を担っていく大学生と、地元をよく知る企業が一緒になって地域の社会課題・SDGsを起点にこれからの北陸の未来を考える、地元活性化の産学連携ソーシャルプロジェクト「Social Design HOKURIKU」(以下、本プロジェクト/下記参照)を、本日11月1日(月)に立ち上げます。金沢大学と電通西日本が協力して本プロジェクトの核となる特別講座を開講し、石川テレビが地元メディアとして発信を担います。

社会課題、SDGsへの取り組みは、企業にとって社会的要請事項となりつつあるとともに、事業拡大やイノベーション等のビジネスチャンス拡大に繋がり、持続的な成長と企業価値向上に繋がるものとされています。 また、政府内に設置されたSDGs推進本部が定める「SDGsアクションプラン」では、企業が積極的にSDGsに取り組むことが地域の持続的発展、すなわち地方創生に繋がるとの観点から、“SDGsを原動力とした地方創生”をひとつの柱と位置づけており、地元企業による主体的かつ積極的なSDGsへの取り組みが期待されています。

金沢大学、石川テレビ放送、電通西日本と、後援の国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニットでは、本プロジェクトに参加いただく地元企業とともに、「未来を見据えた持続可能な経営」という視点から北陸エリアにおける社会課題に積極的に取り組み、その事例や重要性についての情報発信、学生と企業のほか、企業同士や地域社会等との連携強化を推進し、地方創生に欠かせない地元企業の企業価値向上と、持続可能な地域社会の実現に貢献してまいります。

【本プロジェクト・ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
国立大学法人金沢大学 人間社会研究域 教授 堤 敦朗 076-264-5380
石川テレビ放送株式会社 総務部 砺波 美紀 076-267-2141
株式会社電通西日本 金沢支社 広松 京子 076-263-6821

「Social Design HOKURIKU」プロジェクト概要

目的
持続可能な北陸の未来へ、地元の学生と企業・団体が共創して社会課題に取り組み、地元活性化の機運の醸成・新事業等への取り組みを図るもの。
活動内容
北陸エリアの企業を対象として本プロジェクトへの参加を募り、地元の大学生とともに事業企画をデザインする以下の取り組みを実施。
<金沢大学、電通西日本の取り組み>
・特別講座の開講(全4回・学内募集による学生が対象)
ソーシャルデザインのアプローチを学び、未来をつくるプロジェクトアイデアを生み出す特別講座
・共創パートナー企業からの参加者によるワークショップも講座内で実施予定
  
<石川テレビの取り組み>
・ニュース、情報番組等でのプロジェクトの告知
・上記特別講座の模様の取材とニュース化
・プロジェクトを紹介する特別番組の制作
・パートナー企業の社会問題への取り組みの取材とPR

<共創パートナー企業の取り組み>
・学生たちとの共創を通じた社会課題への取り組みによる企業価値向上とその発信
・自社HP内などでプロジェクトでの活動を報告(CSR、SDGsレポートとして)
(特別講座への参加を伴わない支援パートナー企業も併せて募集)
主催/後援
主催:国立大学法人金沢大学、石川テレビ放送株式会社、株式会社電通西日本
後援:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット

MAIL MAGAZINE

電通西日本のメールマガジン

セミナー情報や広告トレンドを配信!!メールサンプル

PAGE TOP